アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
もこ日記
ブログ紹介
日々のちょっとした出来事や感じたことをメモ書き程度に綴っています。
読書が趣味ですので、読んだ本の感想なども載せてます。よろしくお願い致します(^o^)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
読んだ本ー月光ゲーム―Yの悲劇'88 ★★★☆
読んだ本ー月光ゲーム―Yの悲劇'88 ★★★☆ 月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)著者 : 有栖川有栖東京創元社発売日 : 1994-07-10ブクログでレビューを見る»「屍人荘〜」読んで、また読みたくなってしまい読みました。やっぱ面白いわ。ただな〜、前は思わなかったのだけど、そんなすぐ好きになるか?とかそんなんで殺すか?って思ってしまった。学生の頃ってそんなもんかな〜歳をとってしまったってことかしら… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/19 16:05
読んだ本ー悪徳の輪舞曲 ★★★★
読んだ本ー悪徳の輪舞曲 ★★★★ 悪徳の輪舞曲著者 : 中山七里講談社発売日 : 2018-03-15ブクログでレビューを見る»さすが中山七里、一筋縄ではいかない。母親、なんかつかみどころのない感じだったのに、最後にグーっと存在感出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/17 15:57
読んだの本ー幸せの萌黄色フラッグ (ホペイロ坂上の事件簿 J2篇) ★★★
読んだの本ー幸せの萌黄色フラッグ (ホペイロ坂上の事件簿 J2篇) ★★★ 幸せの萌黄色フラッグ (ホペイロ坂上の事件簿 J2篇) (創元推理文庫)著者 : 井上尚登東京創元社発売日 : 2010-08-21ブクログでレビューを見る»ほのぼのして、良い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/12 15:48
読んだ本ー風吹村の惨劇 ★★★
読んだ本ー風吹村の惨劇 ★★★ 風吹村の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)著者 : 吉村達也徳間書店発売日 : 1996-01ブクログでレビューを見る»ちょっとびっくりな展開でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 15:40
読んだ本ー夜の写本師 ★★★
読んだ本ー夜の写本師 ★★★ 夜の写本師 (創元推理文庫)著者 : 乾石智子東京創元社発売日 : 2014-04-12ブクログでレビューを見る»あーファンタジー読めなくなっちゃったな〜想像力がなくなったのか、イメージが湧いてこなくて。ところどころ面白かったけど、読むのが大変だったという印象。シリーズものなので、もう少し他のも読んでみようとは思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 13:36
読んだ本ー同級生 ★★★
読んだ本ー同級生 ★★★ 同級生 (講談社文庫)著者 : 東野圭吾講談社発売日 : 1996-08-08ブクログでレビューを見る»そんなに衝撃的ではないけど…意味ありげに始まったけど、それは何となく読めちゃって、事件とは関係ないし…西原が暴走しなければ、第2の事件はなかっただろうし。主人公にいまいち共感できなかったな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/03 13:29
読んだ本ー鳥啼村の惨劇 ★★☆
読んだ本ー鳥啼村の惨劇 ★★☆ 鳥啼村の惨劇 (トクマ・ノベルズ―惨劇の村)著者 : 吉村達也徳間書店発売日 : 1992-06ブクログでレビューを見る»うーん ドラマを先に見たので、内容が全然違くて「んんっ」って感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/28 13:22
読んだ本ーホペイロの憂鬱 JFL篇 ★★★
読んだ本ーホペイロの憂鬱 JFL篇 ★★★ ホペイロの憂鬱 JFL篇 (創元推理文庫)著者 : 井上尚登東京創元社発売日 : 2010-07-10ブクログでレビューを見る»面白かった。軽く読める。地元が舞台なのでなんかいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/26 09:29
読んだ本−細胞異植 ★★☆
読んだ本−細胞異植 ★★☆ 細胞異植 (新潮文庫)著者 : 仙川環新潮社発売日 : 2017-05-27ブクログでレビューを見る»新聞記者のスクープ追う姿勢がイマイチ。友美に魅力を感じないからかな〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 09:27
読んだ本−殺人出産 ★★★
読んだ本−殺人出産 ★★★ 殺人出産著者 : 村田沙耶香講談社発売日 : 2014-07-16ブクログでレビューを見る»独特の世界観。「消滅世界」よりは理解できて、面白かったかな。でもやっぱちょっと気持ち悪い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 09:30
読んだ本−掟上今日子の旅行記 ★★★
読んだ本−掟上今日子の旅行記 ★★★ 掟上今日子の旅行記著者 : 西尾維新講談社発売日 : 2016-11-17ブクログでレビューを見る»パリが舞台なので、それだけでワクワクしました。盗難方法はいまいちよくわからなかったけれど…厄介さんと今日子さんのコンビはやっぱりいいですね ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 14:49
読んだ本ー人生相談。
読んだ本ー人生相談。 人生相談。 (講談社文庫)著者 : 真梨幸子講談社発売日 : 2017-07-14ブクログでレビューを見る»面白かった。短編集かと思って読んだら、全部つながってて、、、。さすがうまいなと思いました。が、なんだか詰め込みすぎな感じも…誰が誰だっけ??って感じで見返しながら読みました。最後の母親の部分は、なんだか違和感というか何だか、いいらなかったかな〜って気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 14:55
読んだ本ー花咲村の惨劇 ★★★
読んだ本ー花咲村の惨劇 ★★★ 花咲村の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)著者 : 吉村達也徳間書店発売日 : 1995-11ブクログでレビューを見る»惨劇シリーズ。どういった謎があるのかシリーズ読むのが楽しみ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 10:32
読んだ本ー殺人者の顔 ★★☆
読んだ本ー殺人者の顔 ★★☆ 殺人者の顔 (創元推理文庫)著者 : ヘニング・マンケル東京創元社発売日 : 2001-01-25ブクログでレビューを見る»うーん、あんまりおもしろくなかったな。シリーズものだけど、他のは読まないかな。主人公に魅力を感じられなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 10:31
読んだ本ー「北斗の星」殺人事件 ★★★
読んだ本ー「北斗の星」殺人事件 ★★★ 「北斗の星」殺人事件 (徳間文庫)著者 : 吉村達也徳間書店発売日 : 1994-03ブクログでレビューを見る»平田均大活躍。朝比奈シリーズと言えるのか(^^;寝台列車の件をもっと読みたかったな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 10:33
読んだ本−屍人荘の殺人 ★★★★
読んだ本−屍人荘の殺人 ★★★★ 屍人荘の殺人著者 : 今村昌弘東京創元社発売日 : 2017-10-12ブクログでレビューを見る»めちゃくちゃ話題になっていた本、ついに読みました。確かに、そう来たか〜て感じで、「えっ」「えっ」ってのが何回かあった。面白かった。けど読む前にずいぶん期待してハードル上がっちゃってたかな。表紙から感じたイメージと、中のテイストがちょっと違ったかな。表紙から「十角館」ぽいおぞましいのを想像していたのだけれど、それより軽い感じ。設定と殺され方からして、もっとぞわーってするはずなんだけど、それ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/17 20:20
読んだ本−「戸隠の愛」殺人事件  ★★★
読んだ本−「戸隠の愛」殺人事件  ★★★ 「戸隠の愛」殺人事件 (徳間文庫)著者 : 吉村達也徳間書店発売日 : 1994-02ブクログでレビューを見る»朝比奈シリーズだけど、平田均が頑張ってる(^-^;母親の執念、って感じ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/10 10:58
読んだ本−オー!ファーザー ★★★☆
読んだ本−オー!ファーザー ★★★☆ オー!ファーザー (新潮文庫)著者 : 伊坂幸太郎新潮社発売日 : 2013-06-26ブクログでレビューを見る»面白かった。4人の父親がそれぞれ個性的。母親の存在は薄くて、というか出張でいないので、まさに「オーファーザー」な感じ。悟さん知的なのに、なぜこの状況を受け入れてるのか??だけど、、、知代さんにそんなに魅力があるのか?出張でほとんど登場しないので、そこが謎なのよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/08 10:49
読んだ本ーケモノの城 ★★★
読んだ本ーケモノの城 ★★★ ケモノの城著者 : 誉田哲也双葉社発売日 : 2014-04-18ブクログでレビューを見る»読みはじめて、北九州の事件みたいだなと思ったら、それを題材にしてたみたい。ひどい事件。残虐過ぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/26 10:54
読んだ本−ジゼル ★★★☆
読んだ本−ジゼル ★★★☆ ジゼル著者 : 秋吉理香子小学館発売日 : 2017-09-26ブクログでレビューを見る»ミステリー的には、べたな感じだけど、読みやすく面白かった。バレエのジゼルのことも知れてよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/24 14:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

もこ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる